腸内環境を整えて健康増進につなげる「腸活」が注目を集める中、森永乳業や帝人など4社が24日、大腸ケアの啓発活動を共同で進める「大腸活コンソーシアム」を設立した。自治体や小売店とも連携して情報を発信し、関連商品群の売り上げ増につなげる。

 近年、腸内細菌の集まり(腸内フローラ)の研究が進み、健康との関わりが注目されている。それに伴い、腸に良いとされる食べ物や運動を生活に取り入れる「腸活」が話題になっている。一方、正確な知識は広がっておらず、思ったように効果が上げられない人も多いという。

 参加企業は2社のほか、東亜薬品工業、武田コンシューマーヘルスケアの4社。