東日本大震災からの復興を目指す岩手県釜石市でのラグビー・ワールドカップ(W杯)初戦となる25日のフィジー対ウルグアイ戦を控えた24日、市中心部のファンゾーンで前夜祭が開かれた。「ついに来る」「感無量だ」。ステージでは岩手の伝統舞踊も披露され、ファンらは目前に迫ったW杯に胸を高鳴らせた。

 正午ごろから市民や外国人ファンが入場。一角には震災直後のがれきに覆われた町や、国内外から支援に訪れたボランティアの活動の写真も展示された。