国際宇宙ステーションにある日本の実験棟「きぼう」で約1カ月間飼育した雄のマウスを地球に帰して調べた結果、宇宙滞在による生殖機能への影響はなかったと、大阪大微生物病研究所の伊川正人教授(生殖生物学)らのチームが24日、発表した。宇宙滞在が哺乳動物の生殖器官に与える影響について明らかにしたのは世界初としており、人類が宇宙旅行をする際などの基礎的な知見になりそうだ。

 研究では、繁殖能力のある雄のマウス12匹をきぼうまで運び、ほぼ無重力か、地上と同じ重力の、二つのパターンの環境をつくれる装置の中で、マウスの精子形成にかかる日数とされる35日間飼育した。