秋篠宮ご夫妻は24日、東日本大震災で大きな被害に遭った岩手県釜石市を訪れ、同市鵜住居町に建てられた追悼施設「釜石祈りのパーク」の慰霊碑に献花された。秋篠宮さまはラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会の名誉総裁を務めており、25日には同市で試合を観戦する。

 震災で千人を超える犠牲者が出た釜石市。ご夫妻は、多くの犠牲者の名前が刻まれた慰霊碑の前で深く一礼し、ユリやキクなどの白い花束を献花。秋篠宮さまは関係者に「(この場所と)海との距離はどのくらいですか」などと尋ねていた。

 続いて、釜石の防災学習を紹介する「いのちをつなぐ未来館」を訪問した。