オートレースの共同通信社杯プレミアムカップ(特別G1)第4日は24日、山口県の山陽オートレース場で準決勝4レース(3100メートル、6周)などが行われ、鈴木圭一郎(浜松)ら8選手が25日の優勝戦に進出した。

 各レース上位2人が優勝戦に進む準決勝(第9~12レース)の第9レースは、佐々木啓(山陽)が危なげなく押し切り、第10レースは有吉辰也(飯塚)が逃げ切った。

 第11レースは青山周平(伊勢崎)が1周目から快調なペースで独走。第12レースは鈴木がスタートを決め、周回ごとに差を広げた。優勝戦(4100メートル、8周)は25日午後5時30分発走予定。