JR西日本は24日、中国の電子商取引(EC)大手アリババグループと提携したと発表した。共同開発した旅行商品を販売したり、電子決済サービス「アリペイ」のJR西グループへの導入を進めたりしたりしてJR西管内を訪れる中国人客の増加を目指す。

 アリババの旅行サイト「フリギー」で、バスツアー商品や観光施設への入館券などの取り扱いを始めた。アリババが持つ中国人に関するビッグデータを活用してサービスを共同開発、乗り放題切符とのセットも販売する。

 また、アリペイで決済した中国人向けの割引キャンペーンを10月24日までの期間限定で実施する。