海上自衛隊トップの山村浩海上幕僚長は24日の定例記者会見で、政府が来月14日に相模湾で実施する海上自衛隊の観艦式に、韓国海軍を招待しないと発表した。「招待するための環境は十分に整っていないものと防衛省、自衛隊で総合的に判断した」と述べた。

 韓国艦艇による自衛隊機への火器管制レーダー照射問題や、韓国が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決定したことなどから、両国は安全保障分野でも関係が冷え込んでいる。韓国の観艦式不参加で、亀裂がより鮮明になった。

 菅義偉官房長官も24日の記者会見で「韓国を招待する環境は十分に整っていない」と説明した。