吉野家は24日、消費税増税後の10月1日から15日までの期間限定で、牛丼・牛皿全品の本体価格を10%割り引くキャンペーンを実施すると発表した。増税後の利用減を防ぐのが狙いで、持ち帰りにも適用する。

 期間中に牛丼(並盛)を店内で食べた場合、本来は消費税10%込みで387円になるが、40円安くなる。吉野家はキャッシュレス決済のポイント還元制度への参加を見送った経緯もあり、キャンペーンを企画した。

 消費税対応を巡って、吉野家は本体価格を据え置き、標準税率10%が適用される店内飲食と、軽減税率8%の持ち帰りとで税込み価格が異なる。