日立製作所は24日、社会問題の解決に向けた取り組みの説明会を投資家や報道機関向けに東京都で開き、二酸化炭素(CO2)の排出削減に役立つ製品・サービスを開発し、顧客に提供する「脱炭素ビジネス」を拡大する方針を発表した。企業の環境保全に対する積極性などを投資判断の基準とする「ESG投資」を呼び込む。

 鉄道事業で、アルミニウム車両による軽量化を進め、さらなる省エネ運行につなげるほか、工場向けに人工知能(AI)を活用するなどして電力使用量を減らすシステムを提供するといった事業を推進する。