経済産業省は24日、さまざまな機器が通信でつながる「モノのインターネット(IoT)」に対応した家電を購入、利用した人に、ポイントや商品券などの特典を付与する事業を10月から始めると発表した。

 シャープなどを中心とする三つの企業グループを補助金の対象に選定し、各社が特典を提供する。IoT家電の導入を後押しすることで、家事負担の軽減や、離れて住む家族の見守りサービスといった機能を体感してもらうのが狙い。

 対象者は原則として、10月1日から来年1月26日までの間に、指定の家電やサービスの利用を始め、1カ月以上継続して使用することが条件となる。