いすゞ自動車は24日、トラックの点検や積み荷の管理に通信機能を活用する新たなサービスを30日から試行すると発表した。ドライバーの負担軽減を狙い、2020年度中に定額制のサービスとして正式に開始する計画だ。通信機能を備えた「コネクテッドカー(つながる車)」は乗用車を中心に増えているが、商用車にも広がりそうだ。

 試行では運送会社などと協力し、トラックに搭載されている情報通信端末を活用する。端末とつながった専用アプリで車外からライトやウインカーを点灯させることで、通常2人で行う点検を1人でできるようにする。