菅原一秀経済産業相は24日、台風15号の影響で、千葉県内を中心に大規模停電が長期化するなど被害が拡大したことを受け、経産省として災害時の初動対応や情報発信の在り方を検証する考えを示した。閣議後の記者会見で「情報把握と正確な公表ができる体制をとる」と述べた。

 台風15号の被害では、東京電力が停電の復旧見通しを繰り返し修正するなど、住民生活に重大な影響を与えた。菅原氏は会見で「復旧見通しの提示(の在り方)をよく検証し、次の台風に備えていく」と述べた。