ラグビーのワールドカップ(W杯)1次リーグA組の日本は24日、アイルランドとの第2戦(28日・静岡スタジアム)に向けて浜松市で午前9時半から練習を行った。報道陣に公開された冒頭15分では、選手たちが2組に分かれてストレッチで体をほぐした。

 SO田村(キヤノン)やSH流(サントリー)、プロップ稲垣(パナソニック)ら先発とみられる15人の組に、30―10で勝利した20日のロシア戦で途中出場したFB山中(神戸製鋼)が参加したが、フランカーのリーチ主将(東芝)は外れた。右ふくらはぎを痛めてロシア戦を欠場したWTB福岡(パナソニック)は控え組に入っていた。