【ニューヨーク共同】国連の「気候行動サミット」では23日、将来を担う世代を代表してスウェーデンのグレタ・トゥンベリさん(16)が演説した。「あなたたちを注視している。私たちを失望させる選択をすれば、決して許さない」と警告、各国指導者に温暖化対策の即時実行を求めた。

 トゥンベリさんは学校を休んで温暖化阻止を求める若者の世界的運動の火付け役。「私はここにいるべきではない。学校に通っているべきだ」と述べ、顔をしかめた。

 「絶滅の始まりに直面しているのに、あなたたちは金や、持続的な経済成長というおとぎ話について話している」。声を震わせると、会場は拍手に包まれた。