【ニューヨーク共同】米アップルは23日、今秋発売予定の専門家向けパソコン「マックプロ」を米国で生産すると発表した。中国からの輸入品を対象とする制裁関税を巡り、米政府が同製品の部品を対象から除外すると決定したためという。

 アップルはスマートフォンなど多くの製品を中国で生産しているが、マックプロの前モデルは米国製だった。しかし、米メディアが6月、新型モデルの中国への生産移管を報じていた。部品の輸送コストが理由に挙げられていた。

 アップルによると、新型マックプロは、前モデルと同じ米テキサス州オースティンの工場で、生産を近く開始する。