【ニューヨーク共同】イランのザリフ外相が23日、ニューヨークで茂木敏充外相と会談した際に説明した中東ホルムズ海峡を巡るイラン独自の安全保障構想の概要が判明した。イラン外交筋が明らかにした。米国主導の有志連合構想に対抗する狙いで、外相会談では日本の支持にも期待を表明。日本は有志連合参加への態度を保留しており、米国と敵対するイランの新構想に難しい対応を迫られそうだ。

 新構想は「ホルムズ平和追求構想」と名付けられ、参加国としては親米のサウジアラビアやアラブ首長国連邦(UAE)も含むペルシャ湾岸諸国を想定。