JR東日本新潟支社は23日、台風17号から変化した温帯低気圧の接近に伴い、同日午後3時ごろから羽越線、米坂線など一部の在来線で運転を見合わせるといった計画運休を実施した。

 同支社によると、羽越線の特急列車「いなほ」は、23日午後3時ごろから終日、新潟(新潟)―酒田(山形)間などで運転を見合わせるとした。米坂線は午後5時ごろから終日、坂町(新潟)―羽前椿(山形)で運転を中止。信越線、越後線、弥彦線も一部区間で一時運行を取りやめるなどとした。