北朝鮮で、同国を代表する「大同江ビール」の新製品開発が進められている。「果物ビール」や薬草成分の入った健康志向の製品も近く発売される見通しだ。

 大同江ビールはこれまで、麦と米の配合比率などにより味の違う7種類があった。ビアホールでは生ビールも提供されている。ビールの国内需要の高まりに生産が追いついていなかった2002年に、金正日総書記(故人)の肝いりで英国の技術を導入して生産が始まった。

 平壌にあるビール工場の姜豪免生産課長によると、原材料は自国で賄っている。一部の製造工程では以前は輸入資材による設備が使われたが、最近は国内資材で設備を改造したという。