大型の台風17号は九州北部をかすめて中国地方沖の日本海に進み、23日は北陸や東北、北海道に接近する見通し。気象庁は22日、暴風雨や高波、高潮に厳重な警戒を呼び掛けた。総務省消防庁などによると、沖縄県で19人、長崎県で1人が軽傷を負った。宮崎県延岡市では午前、竜巻とみられる突風が吹き2人がけがをした。

 九州を中心に交通が乱れ、空の便は欠航が続出。JR九州は一部路線で運休や本数削減を実施。突風が吹いた延岡市では建物のガラスが割れたり車が横転したりする被害が出た。

 台風17号は22日午後11時現在、福岡市の北西約60キロの海上を時速約35キロで北東へ進んだ。