【サンパウロ共同】スケートボード・ストリートの東京五輪予選対象大会今季最終戦を兼ねる世界選手権は21日、サンパウロで準決勝が行われ、男子で五輪予選大会3連勝が懸かる堀米雄斗(XFLAG)は34・8点の4位で上位8選手による22日の決勝に進んだ。

 青木勇貴斗(F2O skatepark)は33・8点で6位通過。白井空良(ムラサキスポーツ)は20位で敗退した。

 女子は織田夢海が18・8点で4位、2連覇を狙う西村碧莉(木下グループ)が18・5点の5位で突破。西矢椛(ハスコ)は11位、西村詞音(木下グループ)は17位だった。