【ニューヨーク共同】米ニューヨークの国連本部で21日、初めて開かれた若者気候サミットは、地球温暖化の理解促進と対策強化のため政治家や社会への働き掛けを加速させることを確認し、閉幕した。首脳や閣僚らが集まる23日の国連気候行動サミットで議論の結果を伝え、問題の深刻さに見合う対応を求める。

 若者のサミットでは、世界各地のグループが今後の取り組みと目標を発表した。温暖化の影響や必要な対策について米国を中心に講演活動をしているグループは、講師役の「大使」を来年末までに約3倍の2千人に増やし、人々の理解を促したいと説明した。