中日が今季最多の14点を奪い、4連勝でヤクルト戦の勝ち越しを決めた。一回に福田の犠飛で先制し、三回は高橋の7号3ランなどで5点。その後も着実に加点した。緩急を使った柳は6回2失点で11勝目。ヤクルトは投手陣が崩れた。