国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で企画展「表現の不自由展・その後」が中止になった問題で、愛知県が設置した検証委員会は21日、表現の自由を考えるフォーラムを名古屋市で開いた。不自由展の再開を巡り、賛成、反対それぞれの意見が市民や作家から多数寄せられた。

 トリエンナーレ実行委員会会長の大村秀章知事は冒頭、電話やメールなどで抗議を受け中止を決めた経緯を説明し「会期末の10月14日まで安心安全に楽しんでもらえるよう努めていく」と強調。不自由展の再開の可否には触れなかった。

 フォーラムにはトリエンナーレ芸術監督の津田大介さんや作家の一部、県民も参加した。