おおらかで深みのある芸で活躍した大蔵流狂言師の茂山千作(しげやま・せんさく、本名正義=まさよし)さんが21日午前6時30分、膵臓がんのため京都市の病院で死去した。74歳。京都市出身。葬儀・告別式は24日午後1時から京都市左京区正往寺町457、大蓮寺で。喪主は長男茂山千五郎(しげやま・せんごろう、本名正邦=まさくに)さん。

 狂言界をリードした人間国宝の四世茂山千作さん(2013年死去)の長男で、1994年に当主名の十三世茂山千五郎を襲名。16年に五世千作を襲名し、千五郎の名を長男に引き継いだ。京都を拠点とする千五郎家の主軸を担った。