ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で3度目の優勝を狙うオーストラリアが20日、翌日の1次リーグD組初戦、フィジー戦に向けて会場の札幌ドームで練習した。公開された15分では、SHの球出しから攻撃の連係を繰り返し確認。フランカーのフーパー主将は「早く試合の時間になってほしい」と気合をみなぎらせた。

 フィジーも会場で調整し、選手たちは盛んに声を出しながら軽快にパスを回した。マッキー監督は、密集戦に強いFWがそろう相手に対し「タックルされた後にどうするか。素早くボールを出すことが重要だ」と対策を思い描いた。