【ワシントン共同】米メディアによると、首都ワシントン市内の路上で19日夜、銃撃事件があった。地元警察は1人が死亡し、5人が負傷したと明らかにした。

 ロイター通信によると、容疑者が逃亡している状況ではないという。身柄を確保されたのか、死亡したのかは不明。

 現場はホワイトハウスなどが位置する官庁街から3キロほど北にある、ハワード大学近くの路上。警察が周辺を封鎖している。