米アップルは20日、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新型「11」シリーズの3機種を発売し、NTTドコモなど携帯大手3社も一斉に取り扱いを始めた。広い範囲を撮影できる超広角カメラを搭載したのが特徴。アップルの直販での最低価格は7万4800円(税別)からで、前年の廉価版モデルより1万円安くした。

 価格を抑えた「11」は背面に二つのカメラを搭載。高級モデル2機種は背面カメラを三つ備え、撮影機能をより高めた。価格は「11プロ」が10万6800円から、「11プロマックス」が11万9800円から。