両チームとも決め手を欠き、引き分けた。ロッテは一回にマーティンの10号2ランで先制。オリックスは二回に佐野の遊ゴロの間に1点を返し、西浦の適時打で追い付いた。三回以降は互いに打線がつながらず、無得点に終わった。