【上海共同】バスケットボールの男子ワールドカップ(W杯)の1次リーグE組で黒星スタートとなった世界ランキング48位の日本は3日、同24位のチェコとの第2戦に臨む。2日は試合会場で練習し、渡辺(グリズリーズ)は「引きずるわけにはいかない。一戦一戦、目の前の試合に集中しないといけない」と引き締まった表情で話した。

 13年ぶり出場の日本は1日、世界17位のトルコに完敗した。徹底マークされたエース八村(ウィザーズ)は「もっと頭を使ってやりたい。明日の試合は第2ラウンドに行くために大事な試合だし、切り替えてやりたい」と巻き返しを期し、意気込んだ。