2011年の東日本大震災の際に岩手県釜石市から津波で流された漁船が、沖縄県金武町の海岸で見つかったと中城海上保安部(沖縄県沖縄市)が2日、発表した。漁船は「清昭丸」で、所有者は岩手県釜石市唐丹町の佐々木清文さん(74)。同保安部によると、唐丹町から発見場所までは直線距離で約1920キロ離れている。

 同保安部によると、佐々木さんは震災が起きた際に高台に避難して一命を取り留めたが、漁船は津波に流された。佐々木さんは「まさか沖縄県で発見されるとは」と声を詰まらせていたという。

 8月31日午前、漁船が海岸に漂着しているのを巡視艇が発見。登録番号を確認した。