気象庁は2日、8月の天候まとめを発表した。涼しい気候だった7月から一転し、前半は最高気温35度以上の猛暑日の地点が全国で100を超える日が連続。東日本(関東甲信、北陸、東海)の月の平均気温は平年より1・4度高かった。後半は低気圧や前線の影響で曇りや雨の日が多く、西日本(近畿、中四国、九州)の日本海側の降水量は平年の2倍超。佐賀市は月の降水量が平年の4倍近い754・0ミリで、過去最多を更新した。

 気象庁によると、千葉県館山市は月の平均気温が平年より1・6度高い28・0度で過去最高。新潟県糸魚川市の15日の最低気温31・3度は、最も高い最低気温を更新した。