愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が中止となった問題で、企画展の実行委員会が2日、日本外国特派員協会(東京)で記者会見した。実行委メンバーで編集者の岡本有佳さんは「展示再開のためにできることはまだまだある。再開しなければならない」と述べた。

 岡本さんは、企画展の中止決定を「表現の自由に対する侵害だ」と指摘。抗議に対応する職員への研修が不十分で、芸術祭全体のトップを務める大村秀章愛知県知事と芸術監督の津田大介さんによる中止の判断も一方的だったと批判した。