国や大阪府、大阪市の補助金計約1億7千万円をだまし取ったとして詐欺などの罪に問われた学校法人「森友学園」の前理事長籠池泰典(本名・康博)被告(66)と妻諄子(本名・真美)被告(62)の被告人質問が2日、大阪地裁(野口卓志裁判長)であり、籠池被告は、国の補助金申請を代行した設計業者から建設費を水増しした偽の契約書の作成を打診された際「相づちを打ち、進めてほしいと言った」と述べた。

 その時の認識について「よこしまなことをやっているなと思った」とした一方で、同府豊中市で計画した小学校建設を進めるため「業者側から押印を求められ応じた」と説明。偽造の故意や主導は否定した。