【北京、平壌共同】中国の王毅国務委員兼外相が2日、北朝鮮・平壌を訪問した。4日まで滞在。李容浩外相と会談し、非核化を巡る米朝交渉や10月に国交樹立70年を迎える中朝関係の強化について意見交換する見通し。金正恩朝鮮労働党委員長とも会談する可能性がある。

 北朝鮮は米国との実務協議に応じず、非核化交渉は膠着。中国側にどのような立場を伝えるかが焦点だ。中国側は後ろ盾としての影響力を示したい考えとみられる。

 王氏には朝鮮半島問題を担当する羅照輝外務次官が同行。平壌国際空港では北朝鮮外務省アジア1局の孟永林局長が出迎えた。