大相撲秋場所(8日初日・両国国技館)に向けた二所ノ関一門による連合稽古が2日、東京都江東区の尾車部屋で行われ、大関復帰を目指す全休明けの関脇貴景勝は小結阿炎らに1勝4敗と不安を残す内容だった。

 5月の夏場所で右膝を負傷した貴景勝は踏み込みが弱く、平幕の阿武咲と玉鷲に一気に押し込まれる相撲があった。つかまると強引に投げにいく場面もあり、本来の力強い押しは影を潜めた。

 貴景勝は「疲労がたまってきて、パフォーマンス自体は落ちている。膝の怖さは全くない。あとはコンディショニング。持っている力を出せる状態にするだけ」と淡々と話した。