国際柔道連盟(IJF)は1日、東京で開催された世界選手権男子81キロ級でイラン政府から、敵対するイスラエルの選手との対戦回避のために棄権するよう圧力をかけられたとされるイラン代表のサイード・モラエイのインタビュー動画を公式サイトに掲載した。

 モラエイは8月28日の試合の合間にイランのオリンピック委員会とスポーツ大臣から棄権を強要されたと語った。指示に従わず「家族と私に何が起こるかを恐れている」と胸中を明かし「私は最後まで闘いたいが、国が許さない。助けが必要だ」と訴えた。

 モラエイは準決勝で敗れ、決勝で当たる可能性のあったイスラエルのサギ・ムキが優勝した。