愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が中止となった問題で、トリエンナーレ芸術監督でジャーナリストの津田大介さんが2日、東京都千代田区の日本外国特派員協会で記者会見した。津田さんは企画展中止の理由について「政治家の圧力が原因ではない」と強調した。

 事前に警察や弁護士と協議を重ね、苦情が相次ぐ事態を想定して電話回線を増設したほか、質疑応答のマニュアルを用意し、質疑応答になれた職員を配置するなど、相応の準備はしていたと説明した。