大阪市内の自宅で息子(4)の全身を殴って軽傷を負わせたとして、大阪府警は2日、傷害の疑いで同市の20代母親を書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。大阪市の児童相談所が保護した際、息子の全身にあざがあるのを確認したが、府警に伝えたのは数日後だった。府警は立件を検討するため詳細な情報を求めたが、数回にわたり拒否されたという。

 書類送検容疑は6月8日早朝、自宅で息子の全身を殴打して2週間のけがを負わせた疑い。容疑を認めている。母親が自ら同日中に児相へ電話した。母親は洗面器を用いて壊れるほど息子の全身をたたいたり、電気コードを使って殴ったりしたとみられる。