愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が中止になった問題を巡り、大村秀章知事は2日の記者会見で、企画から中止に至った経緯などを調べるため県が設置した検証委員会が、名古屋市の河村たかし市長へのヒアリングを申し入れたと明らかにした。現段階では「(市長側から)返答がない」という。

 芸術祭実行委の会長代行を務める河村市長は、実行委の運営会議を経ずに検証委の設置や委員の選定がされたなどとして、別組織での事実解明が必要との認識を示していた。