派遣型マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして強制性交罪に問われた元俳優新井浩文(本名・朴慶培)被告(40)は2日、東京地裁の初公判で「暴力は一切やっていません。それと同意があったと思っています」と無罪を主張した。罪状認否に先立ち、「すいませんでした」と謝罪し、頭を下げた。

 検察側は冒頭陳述で「性的サービスはないという利用同意書に署名していたが、マッサージを受けて興奮した」と指摘。弁護側は「意に反した性交に対し謝罪の気持ちを持っているが、暴行・脅迫を用いておらず強制性交罪は成立しない」と主張した。出廷した女性従業員は「ずっと抵抗を続けていた」と証言した。