【ドーハ共同】アフガニスタンの和平を巡り、米政府と協議を続けてきたアフガンの反政府武装勢力タリバンのシャヒーン報道担当者が1日、カタールの首都ドーハで共同通信の取材に応じた。28日に投票予定のアフガン大統領選について「(米軍など外国部隊の)占領下での選挙は人々の意思を反映しているとは言えず意味がない」と述べ、延期を訴えた。

 シャヒーン氏は米政府との交渉で「占領」を終わらせ、アフガン政府との対話を通じて他の民族や政党との「包括的な政権」をつくることが大切との認識を示した。