【シカゴ共同】米大リーグ、カブスは1日、シカゴでのブルワーズ戦に先発する予定だったダルビッシュ有投手(33)が右前腕部の張りのために登板を回避したと発表した。負傷者リストに入る予定はなく、順調に回復すれば7日に敵地で行われるブルワーズ戦に登板する見込み。

 右前腕部の張りを数試合にわたって感じていたそうで、マドン監督は「(登板回避は)ここ数日間、話し合っていたこと」と説明した。精密検査は受けていないという。

 ダルビッシュは今季、27試合に登板して5勝6敗、防御率4・25を記録している。