【ベルリン共同】ナチス・ドイツ軍がポーランドに侵攻し第2次大戦が開戦してから80年となる1日、同国の首都ワルシャワの広場で戦争犠牲者を追悼する記念式典が開かれ、欧米の首脳が出席した。ドイツのシュタインマイヤー大統領は「あの戦争はドイツによる犯罪行為だった。その責任について許しを乞いたい」と演説し、謝罪した。

 式典でポーランドのドゥダ大統領は「わが国は今日、ドイツと共に欧州連合(EU)に参加している。自由のために戦った人々に感謝する」と述べた。米国のペンス副大統領も「あの残虐な戦争がこの地で起きた。二度と繰り返してはならない」と呼び掛けた。