ラグビーのワールドカップ(W杯)で3度目の世界一を狙うオーストラリアは19日、1次リーグD組初戦のフィジー戦(21日・札幌ドーム)の登録メンバー23人を発表し、先発のフランカーにはフーパー主将と名手ポーコックが並んだ。SOには白血病から復帰したリアリーファノが入る。札幌市内で記者会見したチェイカ監督は「一試合一試合、目の前の試合が決勝だと思って戦う」と意気込みを語った。

 フィジーもメンバーを発表し、2016年リオ五輪7人制の金メダルを獲得したロックのナカラワやWTBトゥイソバらが先発に名を連ねた。マッキー監督は「ベストなメンバーを選んだ」と自信を示した。