橋本聖子五輪相は19日、就任後初めて福島県を訪れ、内堀雅雄知事と県庁で会談した。2020年東京五輪・パラリンピックで政府が掲げる「復興五輪」の成功に向けた協力を要請した。内堀氏は「福島復興の道のりはまだ遠いが、五輪に関わることができる地域となった姿を堂々と発信していくことが大切だ」と応じた。

 同時に、来年3月に福島県からスタートする聖火リレーに言及し「ぜひ成功させたい」と語った。

 橋本氏は「復興五輪を世界に発信して福島、東北の子どもたちが誇りを持って歩いていけるよう、全力でサポートしたい」と強調した。