ボクシング男子の世界選手権は18日、ロシアのエカテリンブルクで行われ、ウエルター級で第7シードの23歳、岡沢セオン(鹿児島県スポーツ協会)は準々決勝で第2シードの英国選手に2―3の判定で敗れ、メダルを逃した。3位決定戦が行われないため、勝てば2011年ミドル級準優勝の村田諒太以来、日本選手4人目のメダル獲得だった。(共同)