日本文学振興会は18日、芥川賞の選考委員に作家の松浦寿輝さん、直木賞の選考委員に作家の角田光代さんが新たに決まったと発表した。両賞の委員は各9人となる。芥川賞の高樹のぶ子さん、直木賞の東野圭吾さんの退任を7月に発表していた。

 松浦さんは2000年に「花腐し」で芥川賞を受賞、角田さんは05年に「対岸の彼女」で直木賞を受けている。2人は来年1月15日に予定される次回選考会から加わる。