【ウラジオストク、東京共同】中央アジア・ウズベキスタンのミルジヨエフ大統領が12月中旬に初訪日する方向で調整していることが17日、分かった。日本政府関係者が明らかにした。安倍晋三首相との会談のほか、天皇陛下との会見も予定している。ウズベキスタンは閉鎖的だった前大統領の政策を転換し諸外国との関係発展に積極的。日本とも経済協力を推進したい考えだ。

 ウズベキスタン大統領の訪日は、2011年のカリモフ前大統領以来。

 ソ連時代から君臨し、内向きな外交政策を取ったカリモフ氏が16年に死去。ミルジヨエフ氏は開国路線にかじを切った。