台風15号による千葉県の広域停電で、3連休明けの17日、休校していた各地の小中学校が再開した。約6千戸の停電が続く千葉県八街市では市立小中学校全13校が発生以来、初めて再開し児童らが笑顔で登校。まだ復旧していない市内の小学校3校には電源車をつないで電気を確保した。房総半島南部の南房総市や鋸南町でも一斉に公立小中学校が再開した。

 県や千葉市の13日午前時点の集計では公立小中学校約100校が休校し、県によると、17日時点で再開できていない学校もある。千葉県では同日午前9時時点で、約6万4千戸の停電が続いている。