【ワシントン共同】米通商代表部(USTR)は16日、貿易問題で対立する中国との次官級協議を19日からワシントンで開催することを明らかにした。10月初旬の閣僚級協議を前に、知的財産権保護や産業補助金の削除など中国の構造改革を巡って論点整理を行うとみられる。

 米中協議を巡っては、トランプ米大統領が「暫定的な合意」検討の可能性に言及するなど双方が融和ムードを演出している。米国商業会議所のドナヒュー会頭は16日の記者会見で、今後の米中協議を「楽観視しているが、現実的には単純な問題ではない」と語った。